WebRTCを用いた耐故障性の高いウェブブラウザ間構造化P2Pネットワークの実現

提供: Research

目次

書誌情報

鄭焱祖,川井悠司,李佼柯,安倍広多,WebRTCを用いた耐故障性の高いウェブブラウザ間構造化P2Pネットワークの実現,情報処理学会研究報告,Vol. 2017-IOT-39/2017-SPT-25, No. 9, pp. 1--8 (2017-9).

Abstract

Webブラウザ同士を直接P2P接続するWebRTC技術を用いたブラウザ間構造化P2Pネットワークの実現手法について述べる.WebRTCには,相手ノードを直接指定してコネクションを確立できない,コネクションの確立にはシグナリングが必要,といった特性がある.本研究では,これらの特性を考慮したブラウザ間コネクション確立方式を提案する.提案するブラウザ間コネクション確立手法はシグナリングに特定のサーバを用いないため,耐故障性とスケーラビリティに優れている.提案手法はコネクション管理ライブラリWebRTC-Managerとして実装した.さらにWebRTC-Managerを用いて,Web環境で動作する双方向リング構築アルゴリズムDDLLweb とキー順序保存型構造化P2PネットワークKirin を実現した.本稿ではこれらの詳細について述べる.

In this paper, we describe a method to implement Web browser-based structured P2P network using WebRTC technology, which establishes a connection between 2 browsers directly. WebRTC has the following characteristics; to establish a connection, 1) the target node cannot be specified directly and 2) signaling procedure is required. We propose a method to establish a WebRTC connection between 2 browsers that takes these characteristics into account. This method has good fault tolerance and scalability because it does not use any server for signaling. The proposed method is implemented as a connection management library WebRTC-Manager. Furthermore, using WebRTC-Manager, we have implemented a doubly linked ring managing algorithm DDLLweb and key-order preserving structured P2P network Kirin, both of which run in Web environment. This article describes these details.

論文

ここに掲載した著作物の利用に関する注意 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。

Notice for the use of this material The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof.

プレゼンテーション

発表風景


個人用ツール