P2P基盤ソフトウェアmusasabi

提供: Research

P2Pネットワークでは,各ノード(ピア)は予告なく離脱・故障する可能性があります.
musasabiは,このようなP2Pネットワーク上で安定したサービスを提供するための基盤ソフトウェアを目指しています.

musasabiは,複数のピアをグループ化した仮想ピア機能を提供します.仮想ピア上で動作するアプリケーションは,その下のピアの一部が離脱・故障しても動作は継続します.

仮想ピア

musasabiでは,P2P構造化オーバレイとして PIAX が提供している Skip Graph を用いています.また,実行中のJavaプログラムをプロセス移送するために,Apache Commons Javaflowライブラリを使用しています.

目次

キーワード

  • Paxos合意アルゴリズム
  • プロセス移送 (強モビリティ)
  • ALM (Application Level Multicast)
  • フォールトトレランス

発表リスト

Interop Tokyo 2011でのデモンストレーション

謝辞

本研究の一部は科研費(18700069)及び独立行政法人情報通信機構(NICT)「高度通信・放送研究開発委託研究」の助成を受けています.

個人用ツール