P2Pネットワークを用いた時刻付き位置情報管理方式の提案

提供: Research

書誌情報

細川和宏,秋山大輔,安倍広多,石橋勇人,松浦敏雄,P2Pネットワークを用いた時刻付き位置情報管理方式の提案,情報処理学会研究報告,Vol. 2010-IOT-8, No. 10, pp. 1--6, (2010-3).

Abstract

本稿では,P2Pネットワークを用いた時刻付き位置情報の分散管理方式について提案する.検討を行った方式は,2次元Z曲線を用いた方式と3次元Z曲線を用いた方式および3次元空間を直方体に分割する方式である.いずれの場合も,曲線もしくは空間を分割し,分割された各セグメント内の位置情報をP2Pネットワーク上の1つのピアが管理する.これらのシミュレータを作成し,時刻付き位置情報データを管理するのに要するピア数と検索に要するホップ数より各方式の評価を行った結果,3次元空間を直方体に分割する方式が時刻付き位置情報を管理する上で効率が良いことがわかった.

This paper proposes time-attached geoinformation management schemes using P2P network. We considered three schemes: using two-dimensional Z-curve, using three-dimensional Z-curve, and using rectangular parallelepipeds on three-dimensional space. In each scheme, curves or spaces are split into fragments and each fragment is managed by a peer in a peer-to-peer network. Experiments for evaluating number of required peers to manage and required hop counts for range queries demonstrate that the scheme based on rectangular parallelepipeds is the most efficient.


個人用ツール