P2Pシステム上での安定したサービス提供基盤musasabi

提供: Research

目次

書誌情報

鹿野将典,上田達也,安倍広多,石橋勇人,松浦敏雄,P2P基盤ソフトウェアmusasabiの仮想ピアにおける通信方式,情報処理学会研究報告, Vol. 2009-DPS-139, No.2, pp.1--8, (2009-6).

安倍広多.P2P システム上での安定したサービス提供基盤musasabi.情報処理学会研究報告2009-IOT-4, pp.131--136, (2009-3).

Abstract

P2Pシステムでは,ピアが予告なく離脱することに対する対策が必要であり,サーバクライアント方式よりも実装が難しい.本稿では,耐故障性を確保するための新たなアプローチを提案する.提案手法では,複数のピアをグループ化し,1つの仮想ピアを構成する.仮想ピアの各ピアは冗長系を構成し,一部のピアが離脱しても仮想ピアの動作を継続できる.各ピアの間で一貫性を保つために,Paxos同意プロトコルを用いる.ピアが離脱した場合にプロセス移送技術を用いて別のピアに動作中のプロセスを複製することでピアの数を保つ.提案方式は開発中の P2P 基盤ソフトウェア musasabi に実装した.musasabi の概要と,実装した Java プログラムのプロセス移送機能についても述べる.

Since P2P systems must handle unexpected peer leave, P2P systems are hard to implement compared to server-client systems. In this paper, a new approach to achieve fault-tolerance in P2P systems is proposed. In the proposed method, multiple peers are grouped as one virtual peer. Each peer serves as a part of redundant system and virtual peers can survive even if some peers leave unexpectedly. To keep consistency in multiple peers, Paxos consensus protocol is used. To replace a failed peer, process migration technique is used to copy a running process to a remote peer. The method is implemented in musasabi P2P platform. Overview of musasabi and its implementation of process migration for Java programs are also described.

論文

ここに掲載した著作物の利用に関する注意 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。

Notice for the use of this material The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof.


プレゼンテーション


個人用ツール