P2Pによるインターネットノードの階層的クラスタリング

提供: Research

研究の概要

インターネットに接続されたコンピュータを,ネットワーク的な距離に基づいてグループ化(クラスタリング) することができると,様々なネットワークアプリケーションで有用です. このため,我々のグループではインターネット上のノード集合をP2P方式を用いて階層的にクラスタリ ングする手法を研究しています.

我々の提案している手法は,インターネットの構造に関する外部からの情報(例えばBGPルータからの情報のような)を必要とせず, ノード間の距離さえ測定できればクラスタリング可能であるため,実用性が高いと考えています. またシミュレーション実験によって,信頼性・スケーラビリティが高いこと,妥当なクラスタリング結果が得られることを確認しています.

クラスタリングの例

乱数で生成したトポロジ(ノード数100)上で,開発したシミュレータを用いてクラスタリングを行った例です. 最初の画像は最上位階層でのクラスタ,次の画像はその下の階層でのクラスタリングを示しています.


Clustering-level0.png Clustering-level1.png

発表リスト

個人用ツール