構造化P2Pネットワークにおけるコンテンツの人気度を考慮したショートカットリンクの生成方法とその評価

提供: Research

目次

書誌情報

成茂優季,安倍広多,石橋勇人,松浦敏雄,構造化P2Pネットワークにおけるコンテンツの人気度を考慮したショートカットリンクの生成方法とその評価,情報処理学会研究報告,Vol. 2013-DPS-155, No. 15, pp. 1--6 (2013-5).

Abstract

構造化P2Pネットワーク上に配置されたコンテンツが検索される頻度は一様ではなく,人気の高いコンテンツを持つノード(ホットなノード)に検索が集中する.このため,ホットなノードに対してショートカットリンクを生成することで,コンテンツの検索時間を短縮する手法が提案されている.本稿では,広い範囲の構造化P2Pネットワークを対象としたショートカットリンク生成法を提案する.提案手法はP2Pネットワーク全体に関する大域的な情報を必要とせず,また,既存の手法よりもショートカット生成のコストが低い.提案手法の有効性はシミュレーションにより評価した.

Considering lookup queries on a structured P2P network, target contents are not uniformly distributed on the network. On the contrary, some specific nodes have very popular --``hot-- contents and receive a large number of queries. Several works propose methods to reduce average search time by creating shortcut links to those hot contents. This paper proposes a method for creating shortcut links that is applicable to variety of structured P2P networks. This method requires no global knowledge of the P2P network and is more efficient than existing works. Effectiveness of the method is experimentally confirmed by simulation.

論文

ここに掲載した著作物の利用に関する注意 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。

Notice for the use of this material The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof.

プレゼンテーション

発表風景

Narishige2.jpg


個人用ツール